シロアリの行動の特徴

シロアリは警戒心が高いので、狭い隙間を好んで移動します。

 

光や風などの刺激を嫌うシロアリは、適当に湿度を保つために木材やコンクリートなどの隙間に蟻土を詰めたり盛ったりしてその中を移動します。

 

隙間がない場所でも蟻道と呼ばれるトンネルを蟻土で作ってその中を移動します。

またシロアリは床下を全面コンクリートで覆っても、配管などの脇のほんの隙間やコンクリートのヒビを使って侵入してきます。

 

※蟻土・・・唾液で土やフンを練りあわせた土の塊のことです。

※蟻道・・・蟻土を持って作られたトンネル状の通り道のことです。

 

シロアリには物が見えませんが、手探りで進むように蟻道を伸ばしてゆくのです。

そしてたまたま土台や束を見つけると、そこから食害してくるのです。

玄関に被害が多いのはこういった理由です。

 

目がない為、土間のコンクリートなどの堅いものに触れると、それに沿うように侵入してきます。

玄関は柱や型枠などの木材が地面近くにあるため被害に遭いやすいのです。

 

また、普通も黒アリも土を付けることがありますが、それらは簡単に手で払うことができます。

しかし、それと比べシロアリの蟻土はしっかり固着しています。

但し、古くて乾燥したものはシロアリの蟻道でも簡単にはがれます。

 

⇒『シロアリ駆除の基礎知識』に戻る 

こんにちは!シロアリドクターの諏訪真士(すわしんじ)です。わたしの詳しいプロフィール情報と自己紹介はこちらに掲載しております。ご一読ご覧いただければ幸いです。    

ネパールで採用されました

▲シロアリドクターのシロアリ撃退キットがネパールでも採用されました。詳しいレポートはこちらでご紹介しています。

指導実績とマスコミ掲載

▲同業者向けに行っている技術指導の様子です。

▲シロアリの生態系などを指導しています。

▲「工務店新聞」に取り上げていただきました

▲住宅専門誌「住宅ジャーナル」に掲載されました

ご愛用者様の成功報告

本当にご縁があってよかったと感謝しています。お値段も格安でできたことが嬉しいです!シロアリ駆除業者さんとは比べものになりません

健康被害がほとんどなく駆除できることが心に残り、電話をしてみて本当に良かったです。テキストを再度読み直してなるほどと思うところばかりです

購入させて頂いたマニュアルがバイブルのような感じがしております。定期的に忠実に実行して参ります。今後とも宜しくご指導お願い致します

テキスト通りに階段や家の周り、床下等にも散布したところ、今では全く見かけなくなりました。本当に自分で出来るんだろうか?上手く駆除出来るんだろうか?などの不安や心配も無用でした

本日シロアリ駆除をしました。当初不安がありましたが、DVDなどを参考に無事に完了しました。かんたんに短時間で完了することができました

撃退シリーズラインナップ

シロアリドクターのオリジナル商品シリーズです。目的に合わせてお選びください。

シロアリ駆除に役立つ情報

シロアリの基礎知識では
・シロアリと羽アリの違い
・シロアリと間違いやすい虫
・浴室にシロアリが多い理由
など、シロアリ駆除に役立つ情報を随時公開しています。